インドネシアに物流倉庫建設へ 阪急阪神エクスプレス

インドネシアに物流倉庫建設へ 阪急阪神エクスプレス

阪急阪神エクスプレス(大阪市)は2月9日、インドネシアのジャカルタ近郊に物流倉庫を建設すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめ、海外での物流事業を拡大させるのが狙い。物流倉庫の延べ床面積は約1万2000平方㍍。自動車部品などを扱い、2016年1月からの事業開始を目指す。阪急阪神エクスプレス、阪急電鉄、阪神電気鉄道共同出資する現地法人が建設する。

エアアジア機の収容遺体100体に 機体回収作業再開

エアアジア機の収容遺体100体に 機体回収作業再開

インドネシアのジャワ海で昨年末、乗客乗員162人が搭乗したエアアジア航空の旅客機が墜落した事故で、インドネシア当局は2月8日までに計100人の遺体を収容した。警察によると、このうち72人の身元が判明した。引き続き遺体の身元確認作業が行われているという。これで、未収容の遺体は62人となった。現場では8日、機体の胴体部分を回収するための作業が再開された。当局は1月中旬、胴体部分の引き上げをいったん断念していた。CNNが報じた。

 

三菱新型トライトン タイ工場から輸出開始 150カ国へ

三菱新型トライトン タイ工場から輸出開始 150カ国へ

三菱自動車は2月9日、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドが新型ピックアップ『トライトン』の輸出を開始したと発表した。新型トライトンは働く車としての機能性・信頼性を向上しながら、乗用車のように快適な移動空間を提供する「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」目指して開発し、2014年11月からタイで販売を開始した。今後フィリピンを手始めにASEAN、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次投入し、約150カ国に輸出する計画だ。

同日、輸出開始を記念し、タイ政府、取引先など多くの関係者を招き、ラムチャバン工場に隣接するラムチャバン港で式典を執り行った。ラムチャバン工場は三菱自動車で最大の生産規模を有しており、累計生産台数350万台、累計輸出台数250万台を突破するなどグローバル生産拠点として着実に発展している。

インドネシア中部ジャワ州 工業団地拡大に意欲

インドネシア中部ジャワ州 工業団地拡大に意欲

インドネシア中部ジャワ州工業団地連盟のモハマッド・ジャヤディ会長は「当州での工業団地の需要は高まっているが、供給量が十分でない。隣接する東ジャワ州や他の州に投資が流れないようにするにも、早期に供給を強化する必要がある。現在、中部ジャワ州には19の工業団地(総面積約4100㌶)が存在する。そのうち12カ所はスマラン県に、4カ所はデマック県に位置している。一方、現在スマランなど計5カ所で新たな工業団地開発が進んでいる。中部ジャワ州政府は、土地収用やインフラ整備などの課題の解決にさらに真摯に取り組むべきだ」と説明した。ビスニス・インドネシアが報じた。

海藻加工品の壮関がタイに新工場 18年メドに生産拠点

海藻加工品の壮関がタイに新工場 18年メドに生産拠点

加工食品メーカーの壮関(栃木県矢板市)は、2018年をメドにタイに工場を新設する。東南アジアでの健康志向の高まりを受け、主力の海藻加工品「茎わかめ」の販売が伸びるとみて、現地に生産拠点を置く。まず今夏にも現地メーカーと業務提携し、委託生産を一部で始める。同社は数年前からタイやベトナム、シンガポールなどで、茎わかめなどの海藻加工品を販売。日系のコンビニエンスストアや現地の百貨店などが扱っている。所得水準の向上で、東南アジアでは健康に関心を持つ消費者が増えている。

同社は18年をメドに東京証券取引所第2部への上場を目指している。上場で調達した資金をタイ工場新設の資金に充てる計画。投資額は10億円程度を見込む。日経MJが報じた。