インドネシア大学のアンニサさん優勝 日本語弁論大会予選

インドネシア大学のアンニサさん優勝 日本語弁論大会予選
 国際交流基金とインドネシア元日本留学生協会(プルサダ)の共催による、第42回日本語弁論大会の一般・大学生の部ジャボデタベック(首都圏)地区大会が5月18日、南ジャカルタの国際交流基金ジャカルタ日本文化センターホールで開かれ、インドネシア大学(UI)のアンニサ・ナディラ・イッサティさんが優勝した。
 アンニサさんは「夢を生きる」の題で、自分を信じることの大切さを訴えた。親に漫画家になりたいという夢を伝えたとき、反対されあきらめそうになったが、自分の人生だから後悔のない人生を生きる大切さに気付き、自分を信じて夢を追いかけていく決意を伝えた。
 2位は「幸せ」の題でスピーチしたジャカルタ国立大学のシティ・ヌッラマーさん。人の欲望は際限がなく、欲しいものが手に入ると、欲張ってさらに手に入れようとするが、本当の幸せは見えなくても、いつも近くにあり、その幸せに気付くことが重要だと訴えた。3位は「遊びでも遊び」の題で発表したアル・アズハル大学のリヤン・イブラヒムさん。これら3位までの入賞者は、6月に国営ラジオ局(RRI)ホールで開催される全国大会に出場する。

西ジャカルタで気仙沼市の被災主婦が作った布製品の展示会

西ジャカルタで気仙沼市の被災主婦が作った布製品の展示会
 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の主婦がつくった布製品の展示会が5月17日、西ジャカルタのテキスタイル博物館(JI.KS Kuban No.2-4 Petamburan)で開幕、31日まで実施されている。開館は午前9時~午後3時(月曜、祝日休館)。出展した布製品を制作したのは、気仙沼市工房「MAST帆布KESEN-NUMA」、「coco唐(ここから)」に参加する12人の主婦。展示品は18日から販売され、展示期間後、購入者に引き渡される。
 会場はテキスタイル博物館本館の右側から奥に入り、右にある建物の2階で、錨(いかり)のマークが入った帆布、大漁旗を模した布地などでつくられたカバンやポーチなど60点を展示。制作風景や気仙沼の被災地、ユドヨノ大統領の訪問時の様子、昨年行われたインドネシアパレードの写真などが飾られている。
 国際協力機構(JICA)の専門家として、アチェ津波支援で土地登記簿の修復に携わり、今回の展示会の立案者の坂本勇さん(65)は「このようなグループが被災地には50以上あるが、大統領が訪問するなどインドネシアと縁が深い気仙沼を選んだ。被災者が自助自立するという発想を『輸出』したい」との意気込みを語っている。
 開幕式には日本大使館の島田順二公使、インドラ・リアワン館長ら約35人が出席。ジャカルタ特別州のティニア・ブディアティ観光文化副局長は「文化は政治や経済の壁を打ち破る力を秘めている。物理的な支援以上に精神的な関係を深めることができる良い機会だ」と述べ、展示会を通じた両国の人的関係の促進に期待を示したのがとりわけ印象的だった。

「コマ大戦」模擬大会を実施 金型工業会が年次総会

「コマ大戦」模擬大会を実施 金型工業会が年次総会
 国内金型産業を振興するインドネシア金型工業会(IMDIA)は5月16日、東ジャカルタの松下ボゴール教育財団(YPMG)施設内で年次総会を開いた。総会後、12月にジャカルタで開催予定の産業見本市「インドネシア・マニュファクチャリング・エキシビジョン」内でIMDIAが行うイベント、円錐形の台の上で金属製のコマを戦わせ、回転時間の長さを競う「コマ大戦」の模擬大会を実施した。
 模擬大会は、直径2㌢未満の金属製コマを使用。相撲風の呼び出しで紹介された参加者8人がトーナメント形式で戦った。参加したインドネシア人会員の中には、コマ回しに初めて挑戦し、すぐにこつを掴む人もおり、観客は行事役の判定に一喜一憂し、対戦を見守った。12月の本大会では、参加者は直径2㌢未満の規定の中で、コマの素材や重さを工夫するなど設計や製造技術を競う。
 IMDIAは発足から7年を迎え、会員数は初年度から3.5倍増の364に伸びた。総会では高橋誠会長が2012年度の活動状況を報告。金型金額でみた現地調達化率は45%を記録した。ほかに、インドネシア人技術者育成活動などが報告され、13年度の予算が承認された。

アイシン労組26人がダルマ・プルサダ大学生40人と交流

アイシン労組26人がダルマ・プルサダ大学生40人と交流
 自動車部品大手のアイシングループのアイシン労働組合26人が、5月14~18日の日程で実施しているジャカルタ視察の一環で15日、東ジャカルタのダルマ・プルサダ大学を訪れ、日本語学科の学生と討論会に臨んだ。以下、じゃかるた新聞のルポをもとにその一部を紹介する。
 昨年に続き今回が2回目。大学からは学生40人が参加した。学生を代表してクユさん(20)が冒頭「昨年参加した討論会で、親身に日本語を教えてくれたのが印象的でした。再会できてとても感激した」と語った。組合員と学生が交互に座り、自己紹介。当初、緊張した雰囲気だったが、徐々に打ち解けていった。
 今回はインドネシアの大学生の学習意欲や将来設計など、幅広いテーマについて情報交換した。学生からは日本の労働環境やアイシングループについて質問があった。これに対し、「休日の余暇を充実させることで、仕事にも良い影響があるため、会社の有給制度をうまく活用している」「アイシンは自動車部品の会社で、世界各地に展開している会社。将来は一緒にインドネシアで仕事をしましょう」などと応じた。
 訪問団と学生はその後の夕食会でも交流を深めた。現地の文化や雰囲気を肌で感じることは、相互理解を深めるうえで何事にも変え難い体験だろう。17日には学生の家庭を訪問する予定。

落第候補を二人三脚で全国優勝に導いた青年協力隊の後藤さん

落第候補を二人三脚で全国優勝に導いた青年協力隊の後藤さん
 国際協力機構青年海外協力隊の陸上競技指導者として派遣されている元高校非常勤講師の後藤知宏さん(27、兵庫県出身)の教え子、ムハマド・ニザールさん(17)が先月、ユースクラスの110㍍ハードルで全国優勝した。ニザールさんはジャカルタ特別州選抜の強化メンバーに選ばれながらも、思うように成果が出ず落第候補筆頭だった。それだけに今回二人三脚で掴んだ栄光は、「落ちこぼれ」の汚名返上するとともに、任期を5月26日に終える後藤さんへのプレゼントになっただけでなく、二人にとって大きな自信になった。
 南ジャカルタ・ラグナンの体育学校に2011年1月に入学したニザールさん。将来を有望視される選手が集まる全寮制の中高一貫校で、学費や食費は無料。家計に負担をかけず、得意の短距離を磨けるとあり、張り切っていた。ところが、きつい練習についていけない。記録も伸びず、指導者からは「選抜をクビにする」と半ば見放される状態で、親には退学の意思も打ち明けていた。後藤さんが着任したのはその1カ月後。選抜チームでは計25人の選手を8人で分担して指導するが、成果を出すと賞与が出るため、指導者間で選手獲得競争が激しい。後藤さんは事情がよく分からないまま自動的にニザールさんを任された。「押し付けられたと思った」というのが正直な感想だった。いざ練習を始めても、周囲は2人の練習を懐疑的に見ていた。
 後藤さんがニザールさんに施した指導法は短距離に的を絞った練習メニューと、徹底したコミュニケーションだった。「スタミナ」を重視するインドネシアでは、短距離選手であっても長時間の走り込みが当たり前で、常識では考えられない指導法だった。当然、同僚コーチから批判的な声が漏れ出し、逆にそれが闘志を燃やす材料になった。日記形式の練習記録にコメントを付けたほか、積極的に話しかけ外出時も一緒に過ごした。結果、指導開始から4カ月後の州大会では、短距離、ハードルともに総なめ。その後もめきめき記録を伸ばしていったのだ。
 今回の成果を受けて「自分の指導に自信が持てた」と語る後藤さんは、今後も指導者としての道を歩みたいと、志を新たにしている。