中国の環境保護に156兆円以上必要 担当相が見通し

中国の環境保護に156兆円以上必要  担当相が見通し

中国の陳吉寧・環境保護相は3月7日、北京で開会中の全国人民代表大会(全人代)に合わせて記者会見し、今後数年で環境保護分野に必要な闘志額が8兆~10兆元(約156兆~195兆円)に上るとの見通しを示した。また、環境汚染の取り締まり強化などの結果、2014年違法行為で摘発された事件が「過去10年の総数の2倍にあたる2080件に上った」と述べた。この内容は明らかにしなかったが、工場の汚染物質の違法な排出や廃棄が含まれているとみられる。

陳氏は、水質汚染など環境問題が専門の著名な学者で、習近平国家主席の母校の名門・清華大学学長から、全人代開幕直前の2月末に環境保護相に抜擢された。YOMOURI ONLINEが報じた。

ホーユー 東南アに白髪染め新製品 タイ皮切り

ホーユー 東南アに白髪染め新製品 タイ皮切り

染毛剤大手のホーユー(名古屋市東区)は、薬剤を調合する手間を省いた自宅用白髪染めを東南アジアで発売する。タイを皮切りにフィリピン、マレーシアに投入。東南アジアでも高齢化が進み、毛染めをする人が増え、長期的に白髪染めの需要が高まると判断した。

マレーシア機不明手がかりなく1年 捜査縮小・打ち切りも

マレーシア機不明 手がかりなく1年  捜索縮小・打ち切りも

マレーシア・クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便が消息を絶ってから3月8日で1年を迎えた。乗客乗員の家族らは機体発見に望みを繋ぐが、かけら一つ見つからないまま、捜索費用だけが膨らんでおり、捜索は規模縮小や打ち切りの可能性が強まっている。

豪州とマレーシア両政府による、重点海域とされる豪州西部パース沖1800㌔のインド洋の海底捜索は5月にも終えるが、捜索活動を主導する豪州側は「大規模な捜索が永遠に続くとは約束できない」(アボット首相)と規模縮小に言及。マレーシア側は「捜索には専門家グループの助言が必要だ。決断するにはまだ早い」と明言を避けている。

問題は捜索費用だ。豪州は2014年3月以降計9000万豪㌦(約84億円)ともいわれる費用を捜索に充てている。現在の費用はマレーシアと折半するが、同規模の支出を続けるのは難しそうだ。ただ、現時点で捜査打ち切りとするのは理解を得にくいのも事実で、今後の捜査は資金次第との見方が広がっている。

京セラ ベトナムの複合機生産18年までに4倍へ拡大

京セラ  ベトナムの複合機生産18年までに4倍へ拡大

京セラはベトナムで複合機を増産し、2018年3月までに現在の4倍の年200万台に引き上げる。主力工場がある中国では、人件費の高騰で価格競争力が低下傾向にあるため、中国生産に一部をベトナムへ移管する。ベトナム工場を世界最大の生産拠点とする投資額は約70億円とみられる。複合機を収益拡大のけん引役とし、キヤノンやリコーなどを追撃する。

同事業を担うのは子会社の京セラドキュメントソリューションズで、同社の15年3月期の売上高は前期比約1割増の3350億円、税引き前利益は同約2割増の335億円となる見通し。複合機は現在、中国工場(広東省)を中心に年200万台超を生産。売上高の半分以上を欧州向けが占めている。計画通りベトナムの増産体制が整うと複合機の生産台数は現状より7割以上増え年350万~400万台になる見通し。ベトナム工場は同国北部で第3の都市ハイフォンにあり、A4専用機、モノクロ機などを生産する。日本経済新聞が報じた。

シンガポール超富裕層の増加数は10年で世界最大に

シンガポール超富裕層の増加数は10年で世界最大に

英系不動産仲介ナイト・フランクがまとめた報告書「ウェルス・リポート2015」によると、シンガポールは3000万米㌦(約36億円)以上の資産を保有する超富裕層の人口が、2014年~24年の間に世界の主要都市で最も大きく増える見通しだ。同リポートによると、シンガポールの超富裕層は14年の3227人から24年には4979人となり、1752人増える見込みだ。増加人数では次いで香港(1251人増)が2位、米国・ニューヨーク(1013人増)が3位と予想。世界全体の増加人数の1割はシンガポール、香港、ニューヨーク、英国・ロンドン、インド・ムンバイの5都市で占められるという。

14年の超富裕層人口はロンドンが最も多く4364人、東京が3575人で2位、シンガポール3227人で3位に入っている。以下、4位はニューヨーク(3008人)、5位が香港(2690人)。島なんば時あではタイ・バンコクが466人インドネシア・ジャカルタが363人、マレーシア・クアラルンプールが310人だった。アジアの超富裕層が保有する資産総額は14年に5兆9000億米㌦となり、北米の5兆5000億米㌦を上回っている。NNAが報じた。