インドネシア高級車市場 ぜいたく税響き15年も停滞

インドネシア高級車市場  ぜいたく税響き15年も停滞

2015年の高級車市場、さらに停滞すする見通しだ。レクサス・インドネシア社のアドリアン・ティルタジャヤ・ゼネラル・マネジャーは「米ドルに対するルピア安と、大型車に対するぜいたく税が当社のような高級車に特化したメーカーには、販売の障壁となっている。2014年、ぜいたく税が対象車種は3000cc以上のガソリン車、2500cc以上のディーゼル車、500cc以上の2輪車で、75%から一気に125%にまで引き上げられ、製品の販売価格は5%ほど上昇した」と説明した。ビスニス・インドネシアが報じた。

日野自動車 インドネシアに次世代モデルを初投入

日野自動車 インドネシアに次世代モデルを初投入

日野自動車は1月15日、中型トラック「レンジャー(500シリーズ)」の次世代モデルをインドネシアに投入したと発表した。世界に先駆けた投入で同国における高シェア維持を狙う。500シリーズを刷新し、バリエーションを従来の30から37種類に増やした。西ジャワ州プルワカルタ県のコタ・ブキット・インダ工業団地内の工場で生産する。部品の現地調達率を従来モデルの3割強から約6割に引き上げた。インドネシアの中型トラック市場における日野自動車の14年のシェアは60.3%過去最高だった。トップシェアは15年連続で、15年もシェア6割を狙う。14年1~12月の世界における販売台数は約16万8000台で、このうちインドネシアは約3万台。NNAが報じた。

 

インドネシアのガソリン価格2月は7000ルピア以下に

インドネシアのガソリン価格2月は7000ルピア以下に

インドネシア国営石油ガス・プルタミナ幹部は、国際的な原油価格の下落に伴い、国内のガソリン「プレミウム」の価格が2月に1㍑当たり7000ルピア以下に値下がりするとの見通しを示した。プレミウムは2014年11月に1㍑当たり6500ルピアから8500ルピアに値上げされたが、15年1月からは7600ルピアまで下がっていた。プレミウム価格はシンガポールの石油製品の国際相場(MOPS)やルピアの対ドルレートを参照して決定する。14年12月25日の1バレル当たり60㌦から、現在は同50㌦付近まで下落しており、これに伴いプレミウム価格も下がる見込み。地元メディアが報じた。

日立化成 インドネシアに第2の拠点工場 16年稼働

日立化成 インドネシアに第2の拠点工場 16年稼働

日立化成工業はインドネシア西ジャワ州ブカシ市に新工場を建設し、2016年に稼働させる。ブカシ市に10万平方㍍の敷地を取得した。ブレーキ材など自動車用部材、または自動車や建材などに使う塗料や接着剤用の樹脂などを生産する。投資額は数十億円規模とみられる。インドネシアでは12年度に自動車用のエンジン周辺部品や軸受などに使う粉末冶金製品工場が稼働しており、今回新設する工場はインドネシアの第2拠点となる。同社はこれまでタイヤ中国に投資してきたが、次の成長市場として旺盛なインフラ需要が見込めるインドネシアに着目、市場を深耕して収益源に育てる。日刊工業新聞が報じた。

インドネシア中銀 政策金利7.75%で据え置き

インドネシア中銀  政策金利7.75%で据え置き

インドネシア中央銀行は1月15日、月例理事会で政策金利を7.75%で据え置くことを決めた。金利の据え置きは2会合連続。2014年11月の補助金付き燃料値上げで物価上昇が加速したものの、最近の原油価格の下落を受けて、政府は1月1日に燃料を値下げした。これによりインフレや通貨ルピア安に一定の歯止めがかかったとみて、現状の金利水準を維持することにした。