「縁日祭」のポップカルチャーイベントで若者が熱狂

「縁日祭」のポップカルチャーイベントで若者が熱狂
 既報の通り、5月25、26の両日、南ジャカルタ・ブロックMで開催された「第4回ブロックM・リトル東京縁日祭」は20万人を超える人出でにぎわったが、インドネシアの若者もここで行われたポップカルチャーイベントに熱狂していた。彼らにとりわけ熱い支持を得たのが、特設ステージで開かれた特撮ショーやアニメソングのカラオケ大会、コスプレコンテストなどだ。
 特撮ショーには仮面ライダーが登場。ショーはインドネシア語だが、決め台詞などは日本語が飛び出す。カラオケ大会には8組が参加し、全員が日本語の歌詞で人気アニメの主題曲などを熱唱した。コスプレコンテストは、来月の全国大会に向けたジャカルタ予選として行われた。13組が参加し、6枚の本大会への切符を争った。
 カラオケ大会の優勝者、ユサヤさん(20)は「優勝できてうれしい。コスプレやアニメソングを通じて、日・イが文化交流できるのは素晴らしいことだ」と喜びとともに、縁日祭の感想を語った。

日・イ建築家らが未来の住まいを考える第1回研究会

日・イ建築家らが未来の住まいを考える第1回研究会
 家に関わるウェブアンケートや研究会を通じて、ジャカルタの「未来の住まい」を考える「ATAP JAKARTA(HOUSE VISION INDONESIA)」実行委員会は5月26日、日本・ジャカルタの建築家、デザイナー、研究者らを招き南ジャカルタ・クマンで第1回研究会を開いた。
 ATAP JAKARTAは総合地球環境学研究所(RIHN、京都府)やデザイナーの原研哉氏が世話人を務めるHOUSE VISION、東京大学生産技術研究所の村松伸研究室などがインドネシアの建築家、デザイナーとともに結成。2013年は住まいに関するウェブアンケートの結果をもとにセミナーを月1度開催し、14年には現地企業や日本企業、デザイナーがジャカルタの住まいの形を考え、15年の展覧会開催を目指す。
 第1回研究会のテーマは「コンパクト」。研究会を主宰する林憲吾研究員(RIHN)は、都市の人口が増え高密化していく中で、大きな空間ではなく、限られた空間で豊かに住む方法を考える必要がある-と主旨を説明。一方で建築家タン・ティク・ラム氏は、インドネシアでは土地が大きければ、その土地のすべてに家を建てるように考える人が多いうえ、高層化するよりも平屋建てで増築する習慣があることをなどを説明した。

日・イ友好深める南ジャカルタの縁日祭に20万人超の人出

日・イ友好深める南ジャカルタの縁日祭に20万人超の人出
 日本料理店が集中する南ジャカルタ・ブロックMで5月25、26の両日、地区の活性化と日本・インドネシアの友好を深めることを目的とした「第4回リトル東京ブロックM縁日祭」が開かれた。かき氷や焼きそば、射的など日本の縁日につきものの屋台や様々なステージイベント、盆踊りなどが繰り広げられた会場は、主催者発表で過去最高の延べ20万人以上の人出でにぎわった。
 同縁日祭は地区内の日本人飲食店オーナーらが2010年から毎年開催。今回のテーマは「共に歩む(maju bersama)」。
好調なインドネシア経済を反映して日系企業の進出も増加し、地区の活気も増す中、「インドネシア在留邦人の景気動向を示す街」として、日本・インドネシア両国の人にさらに愛される街にしたいとの願いを込めた。
 25日の開会式では地元の子供によるアンクルン演奏に続き、インドネシア側のニザルマン・アミヌディ実行委員長が開幕を宣言。鹿取克章駐インドネシア大使や竹山健一参事官も顔をみせた。今回は昨年まで2カ所に分けていたステージを一つに統合し、会場の一体感を高めた。バンド演奏や沖縄のエイサー、高知よさこいなどの芸能からアニメソングのカラオケやコスプレの大会といったポップカルチャーまで、幅広い分野の催しがあり来場者を楽しませた。
 物品販売や地元飲食店による屋台も規模を拡大。昨年より20店増の150店が立ち並ぶ路上は大勢の人でごった返し、真っ直ぐ歩くのも難渋するほどの盛況ぶりだった。首都圏だけでなく、西ジャワ州バンドンなど遠方からの来場者もみられた。

9月の「ジャカルタ日本祭り」の協賛 きょうから募集

9月の「ジャカルタ日本祭り」の協賛 きょうから募集
 「第5回ジャカルタ日本祭り(JJM)」の開催が9月1日(日)~8日(日)に決まり、JJMのファンドレイジングチーム(FRT)は5月23日から企業などの協賛募集を開始する。ジャカルタ日本祭りは、日本とインドネシアの交流促進を目指し、2009年から毎年恒例となったイベントで、2011年の東日本大震災以後、とくに”きずな”が強まり、ジャカルタと被災地が連携した形でショーが行われ、インドネシア・日本の懸け橋となる、大きな”友好の輪”を生み出している。

再会喜ぶEPA元看護師候補者59人を激励 ジャカルタ

再会喜ぶEPA元看護師候補者59人を激励 ジャカルタ
 日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)の看護師・介護福祉士受け入れ事業で2008年と09年に日本へ派遣され、国家試験に合格できず帰国したインドネシア人の元看護師候補者を中心に59人が5月18日、ジャカルタに集まった。日本で看護師になるという夢を叶えられず、失意のまま帰国した元候補者たちの情報交換の場として、また彼らを激励するために、これまで再受験を支援してきた両国の団体関係者が企画した。初回の08年から12年5月までに日本に渡ったインドネシア看護師候補者総数は392人に上り、合格者は約50人にとどまっている。
 元候補者59人は、中央ジャカルタのプラザ・スナヤンのレストランに集まり、お互いの労をねぎらった。日本で苦楽をともにした友人との再会を喜び合う参加者たち。お互いの近況や今後の思いなどを報告しあった。インドネシア日本友好協会(PPIJ)のラフマット・ゴーベル理事長は「日本から帰っても再受験できるサポート体制があるため、この制度を活用し、”日本・インドネシア両国の懸け橋”として頑張ってほしい」と候補者たちを激励した。